見覚えのない請求があった時は

近頃はカードのスキミングなどの被害が多発しているそうです。
知り合いの人もつい最近ネットの明細書を確認していたところ、海外の見覚えのない会社でその日に利用した記憶もなかったのですぐにカードの窓口に電話したそうです。

世界的にも大きい規模のカード会社で、こういうことは会社の信頼にかかわる問題なので何よりも迅速に解決するようにしているのだろうというのが手に取るようにわかったといっていました。
窓口がいくつかあるようで、何回か切ってはかかってきて3日後に結果がわかるといっていたのが結局最速で調査したのでしょう。

翌日には専門の係の人とのやりとりで解決したようです。
この対応の早さがいかにそのカード会社がしっかりしているかを計る上でも推し量ることができますね。
また、こういう被害にあった場合はそのカードはすぐに停止してもらって、再発行されます。
こちらとしては何ら悪いことをしたわけではないので、番号がかわったらまたネット内のカード番号をかえたりして面倒なこともありますが、こういう時代に生きていれば避けては通れないことでもあります。

陰で何をされているのかわからないのも気持ちのいいものではありませんが。
慌てずにしかし毅然と使った覚えがないことを伝えるのが大切なことなんだなと勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です